持ち家の「持ちぐされ」にならないために

売る時、貸す時のメリットとデメリット

いざ家を借りるとなると、敷金や礼金の準備や、保証人を立てるなどなにかと大変ですが、普通借家契約の場合、一度借りてしまえば住み続けることができます。 その点では居住の決定権は借主が握っています。 いつまでも貸し続ける意志のない貸主の立場からすればいつまでも「居座られる」ことが最大の懸念になります。

貸す期間をあらかじめ設定する

契約期間が決まっていれば、普通借家契約での「いつまで居座られるかわからない」という懸念は解消されます。 ならば迷わずこの契約形態で、と思ってしまうかもしれませんが、そもそも「住む期間が決まっているところに入居希望者がいるのか」といった懸念が出てきます。 書類の作成から、入居者募集まで懸念もあるようです。

持ち家を賃貸に出すのは難しいのか

普通借家契約にしても定期借家契約にしても契約形態にはメリット・デメリットはつきものです。 重要なのは、自分自身の状況から、どんな借主が望ましいのかをよく整理し、不動産会社などに相談することです。 個人的に借主を見つける場合のデメリットもあわせて考えていきましょう。

賃貸契約の一般的な形態

一生に一度の買い物と、清水の舞台から飛び降りるつもりで手に入れたマイホーム。
でも人生は山あり、谷あり。
転勤などで、転居を余儀なくされた場合、せっかくのマイホームをどうしますか。
住宅ローンが完済しているならば「売り」もありでしょう。
売却代金を移転先でのマイホーム購入資金に充てることもできます。
しかし、残債がある場合、売却代金と相殺して手元にお金が残るかどうか。
売却時の仲介手数料や登記費用など、それなりの出費があるため、大丈夫だとたかをくくっていても、存外足が出るということにもなりかねません。
ならば、マイホームを賃貸に出すのはどうでしょう。
まず、家賃収入をローン返済の足しにすることができます。
そして、不動産を資産として維持できることや、いつの日かもどってくることができるという心のよりどころがあることがとても大きいのです。
しかし、この「いつの日か」のためには賃貸契約の形態をどのようにするかがとても重要になります。

貸す側に事情があるように、借りる側にも事情があります。
貸した家を返してほしくても、そう都合よく返してくれるものではありません。
「普通借家契約」という契約形態の場合、契約期間は定めてありますが、借主が希望すれば契約を更新して、貸し続けなければなりません。
家屋の所有権は貸主側にあっても、相応の対価を支払う限り、住む権利は借主側にあるのです。

返してほしいその日が定まっているのなら「定期借家契約」という契約形態がおすすめです。
定期借家の形態ならば、原則として契約の更新がないため、期間が終了すれば借主は退去します。

しかし、貸す側と借りる側の条件が折り合って賃貸契約が成立する以上、一定期間しか住めないという条件を出すからには、家賃を安く設定するなどの譲歩も必要になります。
自分の都合のよいように他人に家を貸すというのはとても難しいことなのです。

TOPへ戻る